漬物の通販 元禄十二年創業の京都の老舗漬物店、京漬物・しば漬け・千枚漬けのお取り寄せ

本店(三十三間堂西)

赤尾屋本店
赤尾屋本店の詳細
所在地 〒605-0981 京都市東山区本町七丁目21番地
営業時間 午前9時~午後6時
TEL 075-561-3032
FAX 075-561-3849
定休日 毎週木曜日
11月、12月は無休 但し12月30日、31日は休み
交通 ☆京都駅より京都市バス206・208系統「七条京阪前」下車 徒歩2分 ☆京阪電車「七条駅」下車 東へ徒歩5分

御池店(御池通 神泉苑前)

赤尾屋御池
赤尾屋御池店の詳細
所在地 〒604-8375 京都市中京区西ノ京池ノ内町16番地6-1
営業時間 午前9時~午後5時
TEL 075-812-6690
FAX 075-812-6719
定休日 毎週水曜日
交通 ☆京都市バス15系統「神泉苑前」下車 徒歩2分
☆京都市バス9・12・50・67・101号系統「堀川御池」下車 徒歩5分
☆JR嵯峨野線「二条駅」下車 東へ徒歩5分

赤尾屋 三百年の歴史

  • 老舗の京漬物店の写真
    赤尾屋本店 大正3年頃
  • 奈良漬けの美味しいお店の賞
    明治28年 第四回国勧業博覧会にて頂いた賞状
  • 京都の老舗店に贈られる盾
    創業100年以上の京都の老舗のみに頂ける盾
京漬物の赤尾屋 歴史
元禄12年
(1699年)
初代・土田小兵衛は、山城国大国町(現在の東山区)において酒造業を営む。 「十分に満つれば欠くるならいなり 満ちず欠けざる八を忘れな」の家訓より屋号を八文字屋と称す。
安政2年
(1855年)
下京区堺町五条上ル俵屋町にて漬物商を営む。
元治2年
(1865年)
2度の類焼により現在地の下京区本町七丁目(現在は東山区)に移る。
明治元年 鳥羽伏見の戦いに食料として梅干を官軍に納品する。
明治28年07月 第四回内国勧業博覧会にて奈良漬・梅干・生姜漬などが有功三等を受賞する。
昭和02年03月 土田収治が12代目店主となる。
昭和03年12月 御大禮記念京都大博覧会にて奈良漬が銅賞を受賞する。
昭和46年08月 土田米造が13代目店主となる。
昭和56年10月 本店店舗を全面改装する。
昭和60年11月 京都府より京の老舗表彰を受賞する。
京都市優良施設表彰を受賞する。
平成元年12月 有限会社八文字屋を設立する。
土田米造が社長に就任する。
平成02年03月 中京区西ノ京池ノ内町に御池店を開店する。
平成09年07月 土田貴雄が14代目店主となる。
平成09年09月 第2工場を設立する。
平成09年11月 会社名を赤尾屋有限会社に変更する。
平成11年 創業300周年を迎える。
平成21年 創業310周年を迎える。
令和元年 創業320周年を迎える。

会社概要

京漬物の赤尾屋 会社概要
代表者 土田貴雄
創業 元禄十二年(1699年)
会社設立 平成元年12月
資本金 300万円
従業員数 12名
業種 京漬物の製造及び販売
主要製品 京つけもの 通年の味
みやこ漬(しば漬)、すぐき、はりはり漬、ワイン茄子、まゆみ大根、みぶ菜、ゆず大根、ほほえ味、その他各種

京つけもの 季節の味
【春季限定商品】たけの子、からし菜、菜の花
【夏季限定商品】水なす、浅うり、瓜さんしょう、遊季、京都山科なす、夏の丸すぐき、その他各種
【冬季限定商品】扇舞漬(千枚漬)、きざみ千枚漬、舞妓、柚子かぶら、赤かぶら、丸すぐき、その他各種

京つけもの 赤尾屋オリジナル
まゆみ大根、ワイン茄子、瓜さんしょう、柚子かぶら、しゃら味、ほほえ味、ピリから白菜、その他各種
販売店 本店、御池店、ジェイアール京都伊勢丹B1F老舗の味